つどいは、2007年日本人女性のための乳がんサポートグループとして、バンクーバーにて設立。日本とは異なった医療システムの中、乳がん患者とその家族の方々をサポートしています。

Tsudoi was established in Vancouver in 2007 to support Japanese women with breast cancer. Whether newly diagnosed, undergoing treatment or in remission, we support each other.

2014年10月29日水曜日

田中朝絵先生に訊く、「乳がんとは」。

田中朝絵先生は、
日本語が話せるファミリードクターが少ないバンクーバーにおいて、近年は主に日系
人の患者を診察している。また、非営利団体・日加ヘルスケアの設立者のひとりとし
て、数々のセミナーにボランティア講師としても活躍中。

今回は、バンクーバーでファミリードクターとして活躍しながら、日加ヘルスケア
協会でもボランティア活動を続ける田中朝絵先生に、こうした気になる乳がんにつ
いて聞いてみました。

*乳がんを発症しやすい年齢というのはあるのでしょうか。

田中:「表を見ていただいてもわかるのですが、欧米人が閉経後の60 歳、70 歳と
比較的高齢で発症するのに対して、日本女性のピークは40 歳代です。そして、最
近ではさらに若年化して30 代の女性にも多く見つかっています。また、意外と知ら
れていないのですが、第2 のピークが60 歳ぐらいなんですね」

*女性ホルモンが関係する乳がんは、閉経によってエストロゲンの分泌
量が減ることで発症する危険性は低くなるのではないですか。

田中:「閉経後には卵巣からのエストロゲン分泌量は減るのですが、副腎からのアン
ドロゲンという男性ホルモン分泌量が増え、このアンドロゲンは脂肪に含まれるアロ
マターゼという酵素と合わさることで、エストロゲンとなってしまうんですね。つまり、
簡単にいうと、閉経後の肥満は乳がんのリスクを高めます。
 ファミリードクターをしていて、ここ数年、乳がんにかかる日系の方が多いと実感
しています。ひとつの大きな要因は、やはり食生活でしょうね。野菜や魚中心の和
食はカナダではなかなかむずかしく、自然と脂肪や糖分の多い食事になりがちです。
また、タバコ、運動不足、ストレスも乳がんのリスクを招く要因となりますので、禁
煙し、できるだけ歩いたり、ストレス発散に心がけたいものですね」

*そのほかに、普段自分でできる予防法などはありますか。

田中:「毎日できることは、やはり食事に気をつけることと、体を積極的に動かすこ
とですね。それと生理のある方はその前後は避けて、毎月、自分の胸を触ってみる
ことです。普段から自分の胸の感じを知っておくと、何か異物感に触れたときにす
ぐわかります。乳がんにかかった多くの方は自分で見つけているんですよ」

*それで心配になったら、日本でならすぐ病院へ行けますが、カナダで
はファミリードクターがいないと検査にまわしてもらえないのではない
ですか。

田中:「ファミリードクターを持っていない方も結構いらっしゃいますよね。でも、ド
クターの紹介状(リファラル)がなくても、40 歳から74 歳なら無料で、「スクリー
ニング・マンモグラム」検査をご自分で簡単に予約できますよ。ただし、それは今
まで乳がんと診断されたことのない人で、もし、乳がんの疑いがある人や、すでに
乳がんと診断されたことがある人は、「診断マンモグラム」になるので、ドクターの
紹介状が必要になってきます。」

*今年から40 歳代の検査の定義が変わったのですよね。どう受け取れ
ばいいのでしょうか。また、日本人の発症年齢は低いということですが、
30 歳代の心配な人はどうしたらいいでしょうか。

田中:「40 歳代の方は、「スクリーニング・マンモグラム」検査のための紹介状が欲
しいといわれるかもしれませんが、実際の定義は“recommended”なので、必要
ありません。紹介状のことをいわれたら、日本女性の乳がんのピークは40 歳代だと
いってみてください。
 あと、40 歳代でも母親や姉妹が乳がんになったことがある人は、紹介状が欲し
いといわれることはないので、ぜひ、積極的にこの無料検査を受けてくださいね。
 とにかく、しこりなどの異常を見つけたら、すぐにファミリードクターでも、ウォー
クインクリニックでも行くことをおすすめします。そして、若い日本女性は高濃度乳
腺(乳腺組織の量が多く密度が高い)の方も多く、マンモグラムよりも超音波で見
つかることもあるので、マンモの検査で納得がいかない場合は、ドクターに超音波
検査もお願いしたらいいかもしれません。カナダでは30 歳代に限り、まず超音波
で検査し、さらに検査が必要な際はマンモグラムになります。
 もし急を要すようでなければ、日本に帰ったときにマンモグラムと超音波をやって
もらってもいいですね。
 早期に発見されれば、乳がんはとても生存率の高いがんです。こわがらないで、
ぜひ検査を受けてくださいね」

 無料BC キャンサーエージェンシー・スクリーニング・マンモグラム(40 歳〜
74 歳は紹介状なしでOK。75 歳以上の方はドクターに相談してください。)

検査などについて、詳しいことを日本語で知りたい方は以下にご連絡ください。
(留守番電話になっていた場合は、必ず、お電話番号をお残しください。
本名を名乗らなくても大丈夫です)
604-433-7831 
(記事提供 ミネ・ウチダ・ビイラー)