つどいは、2007年日本人女性のための乳がんサポートグループとして、バンクーバーにて設立。日本とは異なった医療システムの中、乳がん患者とその家族の方々をサポートしています。

Tsudoi was established in Vancouver in 2007 to support Japanese women with breast cancer. Whether newly diagnosed, undergoing treatment or in remission, we support each other.

2011年8月14日日曜日

パセリやセロリに含まれるアピジェニン

ミズーリ大学のリサーチチームが4月にCancer Prevention Researchに発表した研究結果によると、パセリ、セロリ、りんご、オレンジ、ナッツ等に含まれるアピニジェン (Apigenin) という成分には乳癌細胞の増殖を抑える効果(正確にはがん細胞が増殖するのに必要な新生血管の形成を防ぐ効果)がある事が判明したそうです。ただし、これはまだ動物実験の段階であり、また、アピジェニンは血管に効率的に吸収されないので、実際にヒトがどのくらいの量を摂取すれば有効かなどもまだ分かっていない段階です。これから臨床実験をして解明していきたいとの事です。

ミズーリ大学ニュースビューローホームページ(←クリック)

このリサーチ結果を日本語で解説している臨床栄養士さんのブログ(←クリック)

アピジェニンのヒトへの効果はまだ解明されていない段階ですが、フルーツ&野菜を摂る事はがんに負けない健康な体を作る為に大切なので、最終結果がどうあれ、日頃からフルーツや野菜の摂取を心がけたいものですね。
 


おねがい:
医療情報を読まれる際には、常に情報の正確性や新しさなどを理解し、自分自身で判断していただくようお願いいたします。
医療情報をもっと知りたいとき(←クリック)